Let's〜イキオク〜Story

ブログやるならJUGEM
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
いざなぎ神宮
 *…一回 書いたのに消えた。
 やる気がなくなったけど
 もう一度チャレンジ!*

2010092712420001.jpg

いざなぎ神宮の参道は
ほんとに気持ち良かった。
(工事中で残念)

なんだかとっても気になる池があったけど
バタバタで なんの池なのかわかんなかった。
(放生の神池というらしい)

この神社は 
国生みに始まるすべての神功を果たされた いざなぎの命が
「幽宮」(かくりのみや)を構えて余生を過ごさた場所らしい。

日本最古の神社だそうだが
島根の須賀神社も日本初の宮だった気が…?
ま いっか。

参拝をして ゆっくりまわりも見たかったんだけど
みなさん あんまり興味ないんで
お詣りしたら さっさと引き上げてしまわれまして
慌てて見て回ったから
写真がありません。

神楽の舞台らしき
小さな 白い鳥居が異常に目を引く絵とか
写メ 撮りたかったんだけどね〜。
それどころじゃなかった。
これまた 残念。

境内の一角に お伊勢参りのできるところがあった。
手っ取り早い感じで 申し訳ないんだけど
なかなか 伊勢神宮には行けないから
ご挨拶しておいた。
鳥居とお賽銭箱だけあるんだけど
お賽銭箱の後ろの木が
なんだか 自己主張してた気がする。

そして
2本が1本になったという夫婦大楠のそばにあったお社には
蛭子大神が祀られていたという事実に
帰ってから知って 大興奮。

だって 一番始めに産まれた神様だからね〜。
(失敗だったらしいが)

なんだか まるで
ジャニーズの追っかけのように
日本神話の神様の追っかけしてる自分に
気付いてしまった。

あたし 怪しい(。。;)

2010092712480000.jpg

怪しいついでに

急いで参拝を済ませて
みんなと合流したんだけど
案内看板を見てたら
「左右神社」を発見。

これは いざなぎの命の左と右の目から産まれたという
天照大神と月読命を祀ってある摂社ってことで
ど〜〜〜〜〜〜しても ご挨拶したくて
あきらめきれなくて
一人で 慌てて参拝。

本殿のすぐ隣にあるのに
木に囲まれて
とたんに静かな空間。

それにしても
いい神社だったな〜。

| | 20:48 | comments(12) | - |
おのころ島神社
2010092711390000.jpg

*わかるかな〜
 松の木にボツボツついてるのは
 超巨大な松ぼっくり*

従妹の結婚式の日は
伯母が手配してくれたホテルに
妹と義弟 そして 伯父 伯母
従妹 義従弟 その子供2人で宿泊。

目の前に淡路島。

淡路島は いざなぎの命といざなみの命が降り立ち
国産みをしたといわれる 神話の島。

そんな島が目の前に。

次の日の予定は特になかったから
帰る前に 一人で行ってみようかと
どうやっていくのか聞いてみたら

なぜか 全員で淡路国産みツアーに行くことに。
言ってみるもんだな。

淡路島にいけたら それだけで満足というか
なんの知識もないから 観光場所なんてわかんなかったんだけど
伯母が「いざなぎ神社があった気がする」
と 情報をくれたので そこを目指すことにする。

翌日 淡路島のパンフレットを見てると
「おのころ島神社」ってとこがあって
聞いたことあるぞってことで 調べてみたら
いざなぎの命といざなみの命が
はじめて降りたとこじゃないか!
ということで
まずは そこに行くことに。

あたし以外は 伯母以外 神社仏閣に興味ない人たちなのに
申し訳ないなぁと思いながらも
神社巡りする。

明石海峡大橋を渡りはじめると
小雨が降り始める。
天気予報は 雨。
でも 降らない気がしてた。

日本三大鳥居が そびえ立つ
おのころ島神社に到着。
雨も降ってなかった(^^)

鳥居の割には 小さな神社だったけど
鳥居が後付けだから
神社の雰囲気の方が おのころ島神社って感じだったかな。
こじんまりと 優しい
なんとも穏やかな感じ。

雨は降らなかったけど
天気はどんよりだったんで
お社のいい写真は採れず 残念。

それにしても 隣の幼稚園から聞こえてくる
羞恥心は なんとも 合わなかったけどね。

裏手に祀られていたのは
八百萬の神々。
なんか すげ〜なぁ。

ここは
あんまり観光客がこないみたいで
巫女さんたちも あんまりやる気ない感じでしたわ。

近くにいざなぎの命といざなみの命が降り立ったと言われる
天の浮橋とか
葦原国とかあったんだけど
時間がないし 団体行動だから あきらめた。
残念。

2010092711430000.jpg

| | 13:44 | comments(0) | - |
稲佐の浜

「国引き」や「国譲り」の舞台になった海岸

日本神話って あんまり知らなかったけど

出雲ってすごい場所なんだな〜。

雲が多くて 沈む夕日は見られなかったけど

神秘的な夕焼けだった。

そして 登った月のきれいなこと。

また 行ってみたいなぁ

出雲。

以上 山陰旅行記

やっと 終了。
| | 17:50 | comments(0) | - |
出雲大社
2010072716020001.jpg

出雲大社は 参道が長い。

いろいろと訳ありの神社らしいんだけど

なんとも清々しい空気に満ちた場所だった。

なんだか 曖昧だった 古事記に興味がふつふつと。

日本神話って 深いな。

それにしても 神楽殿に裏手にあったお社は

なんだったんだろう??

マップにも載ってなかったけど。

誰か 知らない?
| | 16:57 | comments(0) | - |
須賀神社
2010072712190000.jpg

八重垣神社で出会った 大学の教授らしき人と話してて

ぜひ 須賀神社にいってみてと言われたんで

ほんとは 須佐神社にいきたかったんだけど

神楽でつかうヤマタノオロチが見られるってことと

和歌発祥の地ということと

スサノオノミコトをはじめて祀った神社(?)ってこと と

(日本初乃宮) 

出雲巡礼のスタート地点ってことで

いってみた。

写真はスサノオノミコトが詠んだと言われる歌碑。
| | 22:16 | comments(0) | - |
八重垣神社
2010072711100000.jpg

有名な縁結びの神社。

が それが目的じゃなくて

以前、昼ドラの

『砂時計』にはまっちゃってたんで

そのロケ地だったから行ってみた。

さすが 若い女性やらカップルが

わんさかでしたわ。
| | 22:11 | comments(0) | - |
初松江
カラコロ通り近くに宿を見つけたので

歩いてみた。

思っていたより 好きな空気だった。

なんと表現したらいいのか分かんないんだけど

摩訶不思議な感じ かな。

しかし 全くの無計画旅行なんで

朝になって

見たかった宍道湖は 真隣にあって

松江城のすぐそばまで来てたみたい。

いやはや

まったく。
| | 21:59 | comments(0) | - |
大根島
 牧場で 夕焼けに見とれる

というか

圧倒された後

松江に向かったんだけど

知らない間に 大根島に入ってた。

モモ鉄で なっかなかたどり着けない島。

気付いたら でてたけど。

その日は満月で

湖面に映る 月明かりの美しいことったら!

でも

宿を決めずに出てしまったから

携帯で 宿探しにヤッキになってたから

写メ撮るの 忘れてた(T^T)

みんなにも 見せてあげったかったなぁ。
| | 21:45 | comments(0) | - |
牧場からみた夕焼け
2010072619230001.jpg

すげぇ圧巻の夕焼けだったよ。

まさに 空が焼けてた。

美しかった。
| | 21:30 | comments(0) | - |
7月26日の夕日
2010072618590000.jpg

ギリギリセーフで映した

夕日です。

よく知らないんだけど

27日は 流行りのマヤ歴の新年だったらしいよ。
| | 21:28 | comments(0) | - |
RECOMMEND
SPONSORED LINKS
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
このページの先頭へ